要注意! 厚化粧に見られてしまう30代のメイクとは?

30代の美容のお悩みに、「どんなメイクをすればいいか?」というお悩みも寄せられることが多いです。

最近ではナチュラルメイクが良いという話をよく聞きますよね。
自然な雰囲気があって男女ともに好感が持てるメイクとなっています。

しかし、それで本当にかわいかったのは20代まで。
30代はナチュラルに見えるように、しっかり作っていくことが求められているのです。

そんな中、最も目が当てられないのは、自分ではナチュラルメイクなつもりなのに、他人から見たら厚化粧だなと思われている30代メイク…。

ではそんな30代のNGメイクとは、一体どのようなメイクなのでしょうか?

まずはファンデーションの色が違うということです。

・美白を意識したファンデーションだと首の色と違くなってきてしまい逆に違和感が出ている人は痛い
・自分の肌と全く色が合っていないファンデーションは厚化粧になりがちだと思う

ファンデーションの色は首元の色と合わせて買うことがポイントです。
色味が極端に違いすぎると厚化粧に見えてしまい、逆効果となってしまいますので要注意です!

次に、アイメイクが濃すぎるということです。

・アイメイクがやけに濃いとケバイ印象にしか見えない
・つけまつげがやけに大きかったり、アイラインアイラッシュ が濃かったり、アイシャドウが暗い色だったりすると、化粧が濃すぎる印象に。
・30代でアイメイクが濃すぎると、貫禄が出すぎてコワい

目を大きくするのには欠かせないのがアイメイクですが、
やりすぎてしまうと違和感が出てきてしまい、結果的に厚化粧となってしまうようです。

また他にも、チークが濃いと厚化粧に見えるという意見がありました。

・ほんのり赤みがあるなら可愛らしいが、やけに濃いと違和感しかない
・アイメイクとチークが濃いと厚化粧という印象しかない。コワい。

化粧中

ほんのりとした赤みならカワイイ印象も受けるのですが、
こちらもやりすぎてしまうと厚化粧の原因となってしまうようです。
20代のようにドーリーなメイクは目指さず、30代のチークは適度が原則です。

このようにナチュラルメイクを意識しても、やりすぎてしまうと厚化粧になってしまいがちです。
30代は品よくあまり濃すぎない色を選び、誰が見ても清潔感のあるメイクだなと思われるように心がけていきましょう!